★新型コロナウイルス感染対応緊急支援助成(募集終了!)

一般財団法人くまもと未来創造は公益財団法人熊本YMCAと連携し、この度、新型コロナウイルス感染対応緊急支援助成事業に採択されました。熊本県内の公益活動への助成、伴走型支援事業を行います。

●新型コロナウイルス感染対応緊急支援助成事業について

休眠預金等活用法に基づき、新型コロナウイルス感染に伴う緊急事業として内閣府より指定を受けた「一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA)」 からの採択をうけて事業を実施いたします。


くまもと未来創造基金は、これまで、熊本地震から4年、地元で支援活動をする団体に活動助成金・支援サポートしてきました。コロナ感染拡大に向けて、関連団体と情報や課題を共有しながら、いち早く支援活動を行っています(ひとり親家庭・子育て家庭応援プロジェクト、医療従事者応援プロジェクト)

現場の声やニーズを集めながら、コロナ感染拡大で、社会的に弱い立場や声を上げにくい方々や支援活動団体が一番大きな影響を受けていることが分かりました。

そこで、この事業では、

JANPIAが提示する7つの「優先的に解決すべき社会の諸課題」のうち、①経済的経済的困窮など、家庭内に課題を抱える子どもの支援 ②日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援③働く機会を失った障害者の地域の働く場づくりの支援 における課題の解決を目指す事業です。

●助成地域: 熊本県内

●助成金額:1事業500万円~1,000万円 (総額5,000万円)7団体程 (単団体による申請、複数団体による申請(コンソーシアム)もできます。

●事業期間:2020年10月~2021年9月 1年間

●公募期間:2020年8月17日(月)~8月31日(金)午後5時まで(メールにて申請) kumamoto.omoy@gmai.com       

●実行団体として申請できる資格要件:実行団体として申請できる資格要件は以下の通りです。

  • 民間公益活動を行う団体
  • ※法人格の有無や法人の種類は問いません。ただし、事業を適確かつ公正に実施できるようJANPIAが規定するガバナンス・コンプライアンス体制(規程類等)を備えていることが必要です。不足がある場合は、助成開始時に整備していただきます。
  • 過去に申請にかかる活動の実績があり、実行団体として適切に業務を遂行できる団体であることが求められます。以下に述べるコンソーシアムの場合には、参画する団体のうち少なくとも1団体に申請内容に関する活動の実績があることを求めます。
  • 2019年度採択の実行団体も申請可能です。

●資金分配団体による伴走支援:実行団体に寄り添った研修やフォロアップ・アドバイスなどの丁寧な伴走支援を行います。(助成期間中に団体運営基盤強化のための研修やサポートを行います)

  • 集合研修:2020年10月、2021年1月、4月、7月                                        
  • 各四半期の事業報告、プログラムオフィサーや実行団体アドバイザーとの経営戦略会議などを行います。
  • 最終報告会前のブラッシュアップ研修:最終報告会のプレゼンテーション、助成事業の成果評価などを行います。(2021年9月 熊本市内で実施)                 
  • 最終報告会:公開プレゼンを開催します。(2021年10月 熊本市内で開催)                                    

●実行団体募集要項

●申請に必要な書類(ダウンロードして記入ください)

※ 別紙1. 欠格事由に関する誓約書、別紙2. 業務に関する確認書、別紙3. 情報公開同意書、別紙4. 申請に関する誓約書を含みます。

(※ 本確認書に例示されている規程類の整備状況については申請団体のホームページ閲覧等により資金分配団体で確認を行います。必要に応じて照会を行うことがありますのでご留意ください。)

●複数団体(コンソーシアム)で申請する場合

その他提出する書類①定款(必要に応じてその他事業報告書等の提出をお願いする場合があります。)②前年度の貸借対照表③前年度の損益計算書(活動計算書、正味財産増減計算書、収支計算書等)

●事前説明会(*参加した団体を助成応募対象団体とします!)必ず下記の申込フォームから事前に申し込みください。

  1. 8月20日(木)14:00~16:00 熊本YMCA中央センター
  2. 8月21日(金)10:00~12:00 オンライン  
  3. 8月21日(金)19:00~21:00 オンライン  
  4. 8月24日(月)15:00~17:00 オンライン  
  5. 8月26日(水)13:30~15:30 天草市 市民活動サポートあまみん

事前説明会申し込みフォームhttps://forms.gle/hbdmC1trHxzyq3K97

★様式5資金計画書が修正されました。また積算の手引きを追加しました。再度のご確認ください。

【資金計画書(様式)の修正箇所】
実行団体資金計画書(様式)の修正箇所は以下の4か所です。
■管理的経費の年度別概算
・2021年度の「うちその他の経費」欄の(H~J7)の数式「=SUM(C33:C40)」
⇒ 正しくは「=SUM(C32:C40)」
■管理的経費の内訳のシートの32行のF欄,L欄、I欄の×の数式を修正
■同F29行目×数式を修正
■同I28行目×数式を修正

※その他
・網掛け不使用の部分に数式が残っておりますが、入力しないよう注意喚起お願いいたします。
(各シートのセルと連動しているため削除していません)

【記入例の修正箇所】
コロナ40実行団体資金計画書(記入例)の修正箇所は以下の2か所です。
■③事業費の吹き出しコメント
申請者に助成金と自己資金に分けて記載いただかないといけないということが依然の吹き出し文からは読み取りづらかったため、その旨分かるような表現にしました。

旧:「④管理的経費、⑤直接事業費から転記してください。」
「②自己資金・民間資金より転記してください。」
修正:「④管理的経費、⑤直接事業費をA.助成金とB.自己資金・民間資金に分けて記載してください。」

■③事業費の2020年度B.自己資金・民間資金_直接事業費の数値
旧:3,000,000
修正:3,554,000

《問い合わせ先》熊本県新型コロナウイルス対応緊急支援協議会

●事業全体・契約に関すること(公益財団法人熊本YMCA)住所:熊本市中央区新町1-3-8Emaill:webhonbu@kumamoto-ymca.org担当:中村

●助成申請に関すること(一般財団法人くまもと未来創造基金) 住所: 熊本市中央区上水前寺1-6-41OCOビル903号Email:kumamoto.omoy@gmail.com 担当:宮原

「新型コロナウイルス感染対応緊急支援助成事業」について詳細は→ https://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20200717.html

●採択団体についてはhttps://www.janpia.or.jp/koubo/2020/pdf/result_adoption.pdf

たくさんの中から熊本が採択されましたことに感謝申し上げますとともに、関係者一同身を引き締めて事業を実施してまいります。

本助成が対象とする事業は、社会課題の解決をめざす実行団体が実施する事業であり、以下、JANPIAが提示する7つの「優先的に解決すべき社会の諸課題」のうち、

  • 経済的困窮など、家庭内に課題を抱える子どもの支援
  • 日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援
  • 障害者の地域の働く場づくりの支援

における課題の解決を目指す事業です。

●休眠預金等活用について詳細はhttps://www.janpia.or.jp/kyumin/

「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」(休眠預金等活用法)に基づき、2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引のない預金等(休眠預金等)を社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活用する制度が2019年度から始まりました。