わたしたちの想い

熊本に住む一人ひとりが元気を取り戻し、自分たちで明るい未来を築いていくために、私たちは、「くまもと未来創造基金」を立ち上げました。

じぶんの未来 あなたの未来 みんなの未来
自分たちで描く未来 自分たちで実現したい!

私たちの住む「くまもと」は豊かな自然とその恩恵の中で、ささやかな日常を大切に暮らしてきました。平成28年4月14日の余震・16日の本震をはじめとする4,100回を超える大規模の連続地震によって、私たちの生活は一変しました。

日本には古来より「お互いさま」「思いやり」「結いの心」といった素晴らしい人と人とのつながりがあります。その心は、現代にも私たちの心に引き継がれていると確信しています。
くまもとに住む一人ひとりが元気を取り戻し、自分たちで明るい未来を築いていくために、私たちは、「くまもと未来創造基金」を立ち上げることにしました。

•県民・行政・企業さまざまな主体が連携して「地域の課題は地域で解決する」仕組み作り、担い手の育成、・情報発信・資源の確保・地域を超えたネットワークの構築・問題の可視化や政策提言などに取り組む「基金」の設立します。この活動が、これから予想される超高齢少子化社会の課題解決のために大きな糸口となることにつながると確信します。

•自分たちで熊本の豊かな自然と暮らしを未来の子どもたちへとつないでいく「市民の市民による市民のための仕組み作り・くまもとの未来作り」そんな社会づくりに寄与することを目指して活動します。

•被災者支援ニーズは刻々と変わり対応を迫られています。県民は被災者自身でもありますが、自分のできることから何とか応援したいと様々なところで活動しています。しかし、活動の経過と共に活動資金等の必要性の課題が出ており、相談も多く寄せられています。
•寄付という形で、今ある課題・未来にむけてみんなと私の解決のためにプロクエクトを応援する・市民による地域のコミュニティと暮らしを再生するプロジェクトを支援したいと思っています。

  • 被災者支援活動のサポート
    (相談会実施・ファンドレイジング相談)
  • 企業とのマッチングによる活動支援金の創設
  • 支援活動ニーズに合わせた支援金の創設