おもやい基金 チャレンジ1592 始めました。 Started Challenge 1592

ABOUT CHALLENGE 1592

チャレンジ1592とは

”チャレンジ1592”は想いから始まる寄付集めです。

”想い×寄付=志金

次は、熊本に住む私たちが想いを発信して活動する番です。私たちの住む熊本は、熊本地震をきっかけに全国各地からたくさんの支援して頂きました。復興支援団体へ支援金もその1つです。熊本の未来ために活動する団体は、支援金を活用して活動を行なっています。しかし、現在支援金は年々減っています。このままでは新規の活動や継続がどんどん厳しくなることが予想されています。そこで”チャレンジ1592”を通して、全国から頂く志金と、熊本に住む私たちの志金で、熊本の未来づくりに参加します。

使いみちの内訳

使いみちの内訳 円グラフ
  • 活動団体への助成金

  • 80%

  • 基金運営費

  • 20%

集まった「志金」は、3つの活動へ助成いたします。

  • 復興支援

    熊本地震の被災者の支援や被災地の復興支援活動を行っている団体・グループへ助成をいたします。

  • 地域活動支援

    地域内の様々な課題解決に取り組む住民を主体とした団体・グループへ助成をいたします。

  • 子ども・女性支援

    子どもや女性支援に特化した活動を行なっている団体やグループへ助成をいたします。

DECLARE CONTRIBUTION

私たちの寄付宣言

あなたの寄付チャレンジをみんなに伝え、広げよう!

  • 想い寄付

    想い寄付

    福島美千代

    県外なので、一緒に思いをお願いします。

    • 寄付額

    • 今回のみ

    • 10,000

  • 想い寄付

    想い寄付

    KMバイオロジクス㈱

    人々の健康で豊かな未来に貢献したいという想いから、地元熊本の企業として、寄付させていただきます。

    • 寄付額

    • 今回のみ

    • 200,000

  • 想い寄付

    想い寄付

    丸山 泰

    未来のために、少しですが、寄付します。

    • 寄付額

    • 今回のみ

    • 10,000

  • 想い寄付

    想い寄付

    宮尾千加子

    新型コロナに負けず前向きにいきたいですね?
    女性や子ども達を応援したいです。なぜか写真がヨコです?

    • 寄付額

    • 今回のみ

    • 30,000

  • 記念日寄付

    記念日寄付

    徳永伸介/ツナギビト

    2016年4月14日熊本地震が発災した日であり、妻の誕生日でもある同日。年に一度の記念日に、「忘れない」と「幸せのお裾分け」を形(寄付)にします!

    • 寄付額

    • 毎年

    • 5,000

  • 想い寄付

    想い寄付

    德永 友里子

    しんちゃんカッコいいー!

    私も寄付寄付〜?

    • 寄付額

    • 今回のみ

    • 10,000

  • 記念日寄付

    記念日寄付

    宮原美智子

    これまでたくさんの方々にお世話になったお礼を込めて(1日100円)

    • 寄付額

    • 毎月

    • 3,000

  • イベント寄付

    イベント寄付

    ANYTIME

    “ヘルシアプレイスをすべての人々へ!”
    エニタイムは、更に積極的に社会と繋がります!

    • 寄付額

    • 今回のみ

    • 165,830

寄付の物語って?

    • 想い寄付
    • 想い寄付

      自分の想いと共に寄付

    • 記念日寄付
    • 記念日寄付

      誕生日や特別な日を記念した寄付

    • おすそわけ寄付
    • おすそわけ寄付

      受けた恩を社会に還元する寄付

    • チャレンジ寄付
    • チャレンジ寄付

      新たなチャレンジへ記念に寄付

    • イベント寄付
    • イベント寄付

      イベント開催や参加の記念寄付

    • 寄付つき商品
    • 寄付つき商品

      寄付を含んだ商品

ABOUT OMOYAI

おもやい基金とは

くまもと未来創造基金「おもやい」は、「熊本のために寄付したい」企業・団体・個人のみなさまと、「熊本のために活動したい」企業・団体・個人のみなさまをおつなぎします。

くまもと未来創造基金(おもやい)とは

熊本県内での課題解決に向けた場を提供するとともに、活動団体に仲介・提供するために必要な資源の確保を行い、市民活動をサポートすることで、社会を構成するすべての主体が公益を支える仕組みを構築します。

社会の課題解決や地域の活性化などの公益活動を支援したい人々と、公益活動を推進する団体等の双方の想いを具現し、資源の仲介を行い、社会を構成するすべての主体が公益を支える仕組みを構築することにより、持続可能で豊かな地域社会の創造と発展に資することを目的とします。

くまもと未来創造基金(おもやい)とは

熊本県内での課題解決に向けた場を提供するとともに、活動団体に仲介・提供するために必要な資源の確保を行い、市民活動をサポートすることで、社会を構成するすべての主体が公益を支える仕組みを構築します。

社会の課題解決や地域の活性化などの公益活動を支援したい人々と、公益活動を推進する団体等の双方の想いを具現し、資源の仲介を行い、社会を構成するすべての主体が公益を支える仕組みを構築することにより、持続可能で豊かな地域社会の創造と発展に資することを目的とします。

オルビスくまもと未来基金

オルビス株式会社様からご寄付をいただき「オルビスくまもと未来基金」を創設し、熊本地震被災者支援活動団体12団体に活動支援助成を行っています。
2017年に続き。オルビス株式会社様のご寄付により、2018年は「熊本の働く女性や子育てママ、大学生、中高生なども含む子どもたち」を対象に、熊本地震後の復興支援を行う団体の継続的支援や地域における支援ネットワークを構築することで、日常生活の復興と熊本の未来づくりに貢献することを目的としています。

やおきん熊本夢応援基金

「やおきん熊本夢応援基金 ― 10援のチカラ」

2017年には熊本地震復興寄付つき商品「うまい棒」を発売!

株式会社「やおきん」様からの寄付金により「やおきん熊本夢応援基金」を創設。熊本復興のために,熊本県民自ら「熊本を元気にする夢プロジェクト」を考え実行してもらうことで、少しでも希望をもって生活を取り戻し、実現するきっかけを作っていただきたいと考えます。(現在被災者・復興支援団体13団体が支援を受けて活動中!)

助成先団体(一部)

  • 益城町

    木山仮説団地 西自治会

    茶話会・敬老の日お祝い自治区内の除草・清掃活動

    同じ地震被害にあい何年間の間でもご近所さんとして生活する。その中で少しでも楽しい思い出がつくれたらと考えながら自治会として節目節目にイベント活動をしています。

  • 益城町・熊本市・福岡市

    益城町立広安西小学校 吹奏楽部後援会

    吹奏楽部活動支援・持続支援

    音楽を通して「益城町から復興へのエネルギーの種を絶やさぬよう」、また「子供たちが地域とつながる活動を継続できるよう」に演奏活動の支援を行なっている。

  • 熊本県

    熊本転入ママ くまてん

    ママサークル運営・地域との連携

    熊本へ転入して来たママ、プレママが地元にいるように不便なく、楽しく過ごせるお手伝いをする。転入ママの視点を生かし、熊本を転入移住したい街にするお手伝いをします。

  • 熊本市・菊陽町

    よかあんばい JAPAN

    子育て支援・こども支援

    保育園・学校・地域などへ出張して、みそ作りを行う『みそ巡業』。長期休みに、子供たちをお預かりし学習支援。オリジナルカレンダー作りやイベント企画など楽しみながら活動中。

  • 上益城郡嘉島町

    ハンズハンズ

    被災者支援・こどもと地域の居場所づくり

    子ども・地域食堂として、被災者と地域の子どもから大人までが、温かいご飯を一緒に食し、子どもからお年寄りまで元気に、地域を明るくする活動を行なっています。

  • 熊本・被災地各県

    ジェニトーリ・オペラ

    子ども音楽支援・ドレスサプライズイベント

    0歳から入場できる子ども参加型オペラ団体として、保育園、小中高、支援学校、病院、地域の施設、復興イベントなど、子ども達がドレスを着て体験できる夢の音楽ステージをお届け中。

  • 南阿蘇

    南阿蘇の余生馬牧場 オープンセサミ

    動物(主に馬)の保護・愛護・啓もう

    南阿蘇で、馬の保護(その他動物含む)を通して、動物の愛護と命への啓もうを行っています。馬達との触れ合いから人々を癒し、近年問題視されている馬の虐待防止にと活動しています。

  • 熊本県全域

    ロハス南阿蘇 たすけあい

    災害復興ボランティア

    家屋の解体、農業ボランティア、コミュニティー作り(村祭り・仮説イベント)、子ども食堂、語り部活動(熊本地震の風化防止、後世に伝える)等、熊本地震に留まらず活動させて頂いてます。

くまもと未来創造基金では、これまで、30の団体やグループ、自治会などに助成(総額1,080万の助成を行っています)