熊本豪雨災害支援活動団体支援

財団では、地域のニーズを集めながら必要な支援体制を作り、1日も早く、復旧、復興への道筋が立つようお手伝いをしていきます!

1.災害支援活動団体を応援サポートします。

●必要な人に必要なものを

スマートサプライの仕組みを生かした熊本ならではの取り組み始めました!

おくりもんプロジェクト

https://okurimon.org/

東日本大震災での経験から生み出されたシステム「スマートサプライ」。このシステムは「必要な人に必要な支援を必要な分だけ」というコンセプトのもと、どこで何がどれだけ必要なのか、一目で分かるようになっています。

今回「スマートサプライ」協力のもと、令和2年7月豪雨災害への支援を行う「おくりもんプロジェクト」を立ち上げました。熊本弁で「もん」は人を表す「者」の意味。このプロジェクトを通して被災地に想いをおくる「おくりもん」が一人でも増え、一日も早い復興につながることを願います。